商品ラインナップ

缶詰

宮崎海洋カツオのドライカレー

近海カツオ一本釣り漁獲量で日本一を誇る宮崎の特産品であるカツオを使った辛みの効いたドライカレーです。ミンチにしたカツオはひき肉のような食感なので魚っぽさは無くお肉のカレーを食べているような味わいです。隠し味に黒にんにくエキスを使用して旨みを引き立たせました。

宮崎海洋カツオのドライカレー

宮崎海洋切干ぶり大根

宮崎獲れの養殖ぶりと日本一の生産量を誇る切り干し大根を使った特製ダレをベースに味付けしました。この商品は、2017年に宮崎県立海洋高校との共同開発商品として生まれ、備蓄缶の缶詰商材としても使われております。

宮崎海洋切干ぶり大根

宮崎マヒマヒフレーク

宮崎獲れのシイラを使った油漬けです。低カロリー高タンパクなシイラの身をほぐしフレーク状に仕上げました。この商品は、宮崎県立海洋高校との共同開発商品として生まれ、備蓄缶の缶詰商材としても使われております。

宮崎マヒマヒフレーク

ハモのオイル漬け

骨切りしたハモの身をオイルに漬け込みました。丁寧に骨切りしたハモのプリッとした食感と、じわっと広がる旨味をシンプルに味わうオイル漬けです。

ハモのオイル漬け

レトルト

KATSUO BAR

宮崎県は鰹の一本釣り漁獲量が日本一です。カツオバーは、その宮崎獲れの鰹を漁師町伝統の製法で甘辛く煮込んだしょうゆ節です。鰹を大鍋で煮込み、一晩漬け込むことで旨みを閉じ込めます。コンパクトタイプで食べやすく、保存も効くので非常食として常備しておくにも便利な食品です。

KATSUO BAR

宮崎魚うどん

戦時中、小麦粉が不足していた宮崎の漁師町で、その代用品食として生まれたのが「魚うどん」です。宮崎で獲れる「マヒマヒ」と「エソ」を使った魚肉とカツオ昆布出汁が一緒になったレトルトパウチ食品ですので、手軽に召し上がれます。

宮崎魚うどん

宮崎魚そば

ウルメイワシの魚肉で、蕎麦のような色合いに!そこにアクセントでピリッと柚子胡椒を効かせたちょっと大人の「魚そば」出来ました。カツオと昆布が効いた出汁入りなので、温めるだけで簡単に召し上がれます。

宮崎魚そば

青島魚うどん

「魚うどん」は宮崎県南部の漁師町で食べられている郷土料理。魚のすり身を湯の中に細長く押し出したものを麺に見立て、あっさり醤油仕立てのスープでいただきます。温めるだけのレトルトパックで手軽にお召し上がりください。

青島魚うどん

宮崎県産チョウザメカレー

ヨーロッパでは皇帝や王に献上されたほど、格別な高級魚のチョウザメ。国内随一の生産地・宮崎県産をミートボールにして、オリエンタルな風味豊かな甘口のカレールーと合わせました。コラーゲンたっぷりで健康にも注目のお魚カレーをどうぞ。

宮崎県産チョウザメカレー

宮崎県産ウルメイワシカレー

沿岸のウルメイワシ漁が盛んな宮崎県延岡市で水揚げされたばかりの鮮魚を丁寧にこしらえ、ミートボールを作りました。カレールーは、魚介の旨味が溶け込んだ深みのある甘口和風仕立てで、ショウガや赤柚子ごしょうがピリ辛のアクセントをになっています。

宮崎県産ウルメイワシカレー

お茶屋の茶漬け

宮崎獲れのシイラを醤油や味噌、みりんなどで味付けして細かくほぐした身を熱いご飯に乗せて、お茶の生産者が丹精した熱いほうじ茶をたっぷりかけて、宮崎の海の幸と山の幸がコラボしたお茶漬けをお召し上がりください。

お茶屋の茶漬け

ベジカケルシリーズ

ベジカケル はるみ

はるみドレッシングは「はるみ」の特徴である濃厚な甘い香りを利用してマイルドに仕上げたフルーティータイプのドレッシングです。

はるみドレッシング

ベジカケル 日向夏

宮崎県産の果物として人気の高い日向夏を使ったこのドレッシングは、甘酸っぱい日向夏の風味を残しつつ、爽やかでクリーミーな口当たりです。

日向夏ドレッシング

ベジカケル へべす

酸味と香りを楽しみながらサラダや肉、魚料理など、どんな食材にも合わせてご使用いただける万能タイプのドレッシングです。

へべすドレッシング

ベジカケル マンゴー

宮崎産の完熟マンゴーを使用した贅沢な一品で、その濃厚な甘味と香りは肉料理や生ハムサラダなどにピッタリです。

マンゴードレッシング

よくあるご質問

保存料は入っていますか?

弊社の缶詰は中の空気を抜き密封した後、高温・高圧で加熱殺菌をし、冷却するという工程を行っている為、保存料は使用しておりません。

賞味期限はどれぐらいありますか?

弊社では製造過程で脱気を行い密封をし、その後高温・高圧での殺菌を行い、菌の繁殖や発生を防いでいる為、一般的な缶詰と同様に約3年の賞味期限を設けております。
レトルト食品も同じく、脱気・密封の後、加熱殺菌を行っていますので、約2年の賞味期限を設けております。

このページの先頭へ